▼メニュー

バスがつなぐ、わたしたちの街。

2018年 2月

« 1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー

topics-category

カテゴリー別アーカイブ: 貸切情報

平成30年度貸切バス事業者安全性評価認定制度説明会の開催について[広島県バス協会]

件名の説明会を下記のとおり実施しますのでご案内申し上げます。
同制度は事業者の安全性や安全に対する取組状況等についての客観的な評価・認定を行ういわゆる格付け制度で、事業者の申請に基づく任意の制度です。

つきまして、ご参加希望の事業者様は、別添の出欠連絡票を2月16日(金)迄に当協会宛お送りくださいますようお願いします。
なお、今回の説明会は平成30年度に新規に申請を行う事業者が対象の説明会です。

(希望があれば平成30年度に更新申請を行う事業者の参加も可能としますが、新規向けの説明が中心となります。)
広島会場
(1) 日時  平成30年3月9日(金) 13:30~16:00
(2) 場所  ホテルニューヒロデン 2階「春日」
(広島市南区大須賀町14-9)
※ 広島駅南口より西へ徒歩3分

岡山会場
(1) 日 時 平成30年3月8日(木) 13:30~16:00
(2) 場 所 ピュアリティまきび (岡山県岡山市北区下石井2-6-41)
※ 岡山駅東口より市役所通りを約700m徒歩7分
(3) 講 師 (公社)日本バス協会 業務部 より若干名

申込書は下記をご利用ください。
平成30年度貸切バス事業者安全性評価認定制度説明会
(ファイルサイズ 160KB)

【〆1/31】平成29年度補正予算に係る補助要望調査について[中国運輸局]

こちらは会員事業者様専用記事です。

【平成28年度】貸切バス事業者の安全情報の公開について(中国運輸局)

標記について、中国運輸局から通知がありましたので、お知らせ致します。

10月19日までに報告された平成28年度の安全情報について、国土交通省ホームページにて公開されましたので、お知らせいたします。

詳しくは下記をご覧ください。
【国土交通省ホームページ】
http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_tk3_000086.html

自動車運送事業の優良事業者(事業所)認定制度の周知について(国土交通省)

標記について、国土交通省から通知がありましたので、お知らせ致します。

詳しくは下記をご覧ください。
20171228u255国土交通省 
(ファイルサイズ 64.0KB)

「旅客自動車運送事業運輸規則の解釈及び運用について」の一部改正について(国土交通省)

標記について、国土交通省から日本バス協会へ通達がありましたので、お知らせ致します。

詳しくは下記をご覧ください。
20171228u254 日本バス協会
(ファイルサイズ 611KB)

貸切バス事業者安全性評価認定制度の一部変更について(日本バス協会)

標記について、日本バス協会から通知がありましたので、お知らせ致します。

詳しくは下記をご覧ください。
20171226u251 日本バス協会
(ファイルサイズ 1.63MB)

「自家用有償観光旅客等運送の登録に関する処理方針について」の制定等について(国土交通省)

標記について、国土交通省から日本バス協会へ通知がありましたので、お知らせ致します。

【内容】
 ・日バス協業第374号「自家用有償観光旅客等運送の登録に関する処分方針について」の制定等について
 ・「自家用有償観光旅客等運送の登録に関する処理方針について」の制定等について
 ・(運輸局あて)171207「自家用有償観光旅客等運送の登録に関する処理方針について」の制定等について
 ・①自家用有償観光旅客等運送の登録に関する処理方針について
 ・②自家用有償観光旅客等運送者が利用者から収受する対価の取扱いについて
 ・③講習の認定要領等について
 ・④標準処理期間通達
 ・特区法の概要

詳しくは下記をご覧ください。
20171214u241 
(ファイルサイズ 706KB)

一般貸切旅客自動車運送事業者の営業所において義務付けられる運行管理者選任数変更への対応の徹底について(国土交通省)

標記について、国土交通省から日本バス協会へ通達がありましたので、お知らせ致します。

詳しくは下記をご覧ください。
20171204u233 中国運輸局
(ファイルサイズ 76.0KB)

貸切バスのドライブレコーダーの映像を活用した指導・監督の実施について(国土交通省)

12月から順次、ドライブレコーダーの装着と映像の記録・保存、及び記録
を活用した指導・監督が義務付けられます。該当する車両への装着や指導・
監督等について、適切に実施願います。

1.ドライブレコーダーの記録を利用した指導・監督の導入
平成29年12月1日より、ドライブレコーダーを装着している自動車の運転
者に関して、この記録を利用した指導・監督を義務付け(合わせて、初任
運転者等に対する実技訓練以外の指導及び監督の実施時間を6時間以上から
10時間以上とする。)。

2.ドライブレコーダーの装着及び記録義務
① 平成29年12月1日以降に新規登録を受けた新車について、ドライブレ
コーダーの装着及び記録の保存を義務付け。
② 平成31年12月1日より、使用過程車(平成29年11月30日以前に登録を受
けた車両。)についても①の内容を義務付け。
③ 平成29年12月1日において既に装着されているドライブレコーダーであ
って性能要件告示で定める一定の要件を満たすものは、平成36年11月30
日までの間、これを使用してもよい(満たさないものの使用が認められ
るのは平成31年11月30日まで。)。
※ よって、平成29年12月1日以降に、性能要件告示で定めるいずれかの要
件を満たしていないドライブレコーダーを使用過程車に装着する場合、
これの使用が認められるのは平成31年11月30日までとなります。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

詳しくは、下記アドレスをご覧ください。

○ ドライブレコーダーの映像を活用した指導・監督マニュアル

http://www.mlit.go.jp/common/001211423.pdf

○ 貸切バス事業者の運転者に対して行う指導及び監督の指針の一部改正
等について

http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000272.html

○ ドライブレコーダーにより記録すべき情報及びドライブレコーダーの
性能要件を定める告示

http://www.mlit.go.jp/common/001181710.pdf

○ 旅客自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び
監督の指針の一部を改正する告示

http://www.mlit.go.jp/common/001154005.pdf

(国土交通省のホームページです)

【H30.2月末日〆切】平成29年度「一般貸切旅客自動車運送適正化機関助成事業」について(広島県バス協会)

標記の助成事業は、公益社団法人広島県バス協会が運輸事業振興助成交付金による地方事業として、バス協会会員事業者が一般貸切旅客自動車運送適
正化機関に対して負担する負担金の一部について、助成金を交付することを目的としております。
つきましては、助成を希望される事業者の方は、平成30年2月末日までに別添の交付要領様式1の「一般貸切旅客自動車運送適正化機関への負担金助成事業」の選定及び助成金の額の決定依頼書を提出してください。

詳しくは下記をご覧ください。

・事務連絡文書
(事務連絡)平成29年度「一般貸切旅客自動車運送適正化機関助成事業」について
(ファイルサイズ 75.0KB)

・実施要領・交付容量様式
貸切適正化機関実施要領(2017)広島県(PDF)
(ファイルサイズ 110KB)
貸切適正化機関実施要領(2017)広島県 (Word)
(ファイルサイズ 49.0KB)