▼メニュー

バスがつなぐ、わたしたちの街。

2016年 2月

« 1月 3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829  

カテゴリー

日別アーカイブ: 2016年2月16日

【期間延長】平和記念資料館の周辺で行う発掘調査に伴うバスの乗入れについて(広島市平和推進課)

平成27年11月から広島平和記念資料館の周囲は、発掘調査を行って
おり、関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけしています。

この発掘調査につきまして、現在、予定の期間を平成28年3月末としておりましたが、
延長して調査を行っており、当初予定していた「仮囲いの期間等」を変更すること
となりましたので、お知らせします。(終了時期は、追ってお知らせします。)

公園内に乗り入れるバスについては、
降車と乗車の方法を下記サイトでご確認願います。
(原則、公園内に駐車はできません。)

詳しくは、下記アドレスをご覧ください。
平和記念公園における発掘調査の実施について(市民局国際平和推進部平和推進課)
(広島市のホームページです)

期間中の観光バス駐車場について
公園内に駐車することができないため、別図「大型バス駐車場(広島城南側、本川沿い)」
を利用いただきますよう、お願いします。
別紙:大型バス駐車場広島城南側・本川沿い
(ファイルサイズ 968KB)

安全輸送緊急決議及び安全確保のための取組指針について

平素より当協会の活動に格別のご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
平成28年1月15日に発生した軽井沢スキーバス転落事故等を受けての安全対策を図るため、
2月10日の安全輸送委員会において別紙1の安全輸送緊急決議がなされ、
別紙2の安全確保のための取組指針が策定されました。

本指針は、安全輸送緊急決議の内容を詳細に定めたものであります。
各事業者はそれぞれの事業規模に応じて、可能なかぎり本指針に沿った社内規程を作成し、
各事業の安全確保に取り組んでいただきたいと考えております。

つきましては、会員事業者様におかれましては、当該緊急決議及び取組指針について
周知徹底の上、実効ある安全対策が講じられるようご指導方お願い申し上げます。

なお、言うまでもありませんが、すでに本指針を上回る内容の規定や取組みがある
事業者においては、そのまま継続して実施していただくよう(又は更に向上していただくよう)
よろしくお願いいたします。

別紙1の安全輸送緊急決議及び別紙2の安全確保のための取組指針は、下記アドレスをご確認ください。
【別紙1】安全輸送緊急決議
(ファイルサイズ 108KB)
【別紙2】安全確保のための取組指針
(ファイルサイズ 212KB)

 

貸切バス事業者の街頭指導について(日本バス協会)

平素は、当協会の運営にご協力賜り厚く御礼申し上げます。

長野県軽井沢町のスキーバス転落事故を受け、日本バス協会は
別添のとおり観光バス楠公駐車場で貸切バス事業者に対し、
運転者の指導を行うことにより,貸切バス事業者の法令遵守と
安全運行を確保することで,貸切バスの安全性向上を図る街頭指導を行います。
その後、順次、浅草寺周辺観光バス駐車場、東名高速道路海老名SAで実施します。

つきましては、バス協会の職員が下記の場所において街頭指導を行っているときは,
これらの活動にご協力方、よろしくお願いいたします。

① 観光バス楠公駐車場(皇居外苑)  2月19日(金) 11時~15時30分
②  浅草寺周辺観光バス駐車場
③ 東名高速道路 海老名SA

貸切バス事業者の街頭指導企画書

15人が死亡した長野県軽井沢町のスキーバス転落事故は、バス運行会社のずさんな管理体制が明らかにされました。
この悲惨な事故を発生させたバス事業者は、当協会に加盟はしていませんが、日本バス協会の目標である
「利用者に安全・安心の輸送サービスの提供」に著しく反すると共にし、貸切バス業界全体の信頼低下になってしまいました。
日本バス協会では今まで各種委員会の開催等において「法令遵守と安全・安心輸送」の徹底を周知してきました。

今回の事故を重く受け止め街頭における指導を実施し、貸切バス事業者の安全輸送の向上を図って行きたい。

1.目的
貸切バス事業者の法令遵守と安全運行の実態を街頭調査し、不適切な運行が見られた場合、
改善要請をする事により、「法令遵守と安全輸送サービスの提供」の促進を図る。

2. 調査対象事業者
貸切バス (会員、非会員含む)

3.調査場所及び日時
(1)皇居外苑 楠公駐車場…2月19日(金)11時~15時30分
(2)浅草寺周辺 観光バス区営駐車場…日程調整中
(3)東名高速道路 海老名SA…日程調整中

4.調査員と調査項目
(1)一班3名を2組編成し、定められた調査票に記入をする。
(2)調査項目は短時間で設問できる内容とし、主な内容は下記項目とする。
・「貸切」の車外表示の有無
・運行指示書の携帯の有無
・運行指示書の記載不備の有無
(運行の開始・終了の地点及び日時)
(運行の径路主な経由地の発車・到着に日時)
・運行日報の携帯及び記載の有無
・車内の「シートベルト着用」掲示の有無

5.調査結果と対応
(1)調査結果を場所別及び全体に集約する。
(2)否的な結果については関係事業者に「改善要請書」を送付し改善をお願いする。
なお、関係事業者からできるだけ「改善報告書」の提出をお願いする。
(3)日本バス協会ホームページにて報告する。