▼メニュー

バスがつなぐ、わたしたちの街。

2022年 5月

« 4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

月別アーカイブ

topics-category

カテゴリー別アーカイブ: バス協会より

バス協会だよりvol.171平成27年11月1日号の掲載について(広島県バス協会)

標記を掲載いたしましたので、ご確認ください。

平成27年度踏切事故防止キャンペーン実施について(中国運輸局 広島運輸支局)

平素は、鉄道行政に格段のご理解とご協力を降り、厚くお礼申し上げます。
踏切事故の削減につきましては、第9次交通安全基本計画(平成23年度~27年度)において
「平成27年までに、踏切事故件数を平成22年と比較して約1割削減すること」を数値目標としています。
全国の踏切事故は、平成22年度303イ牛であったものが、平成26年度は248件と減少しています。
一方、中国運輸局管内における踏切事故は、平成22年度は15件であったものが、平成26年度は18件と増加しています。
また、踏切事故の特徴として、
①原因別にみると直前横断によるものが50%を占めており、
②衝撃物別では、歩行者と衝突したものが約22%、自動車と衝撃したものが約肘‰を占めています。
さらに、平成22年度から平成26年度の5年間の踏切事故94件のうち、44件(約47%)が65歳以上の高齢者が関係しています。
よって、事故を未然に防止するためには踏切道利用者、特に、高齢者に対する安全意識の高揚が不可欠であり、
この旨を継続的に広く踏切道利用者に啓発することが重要です。
つきましては、踏切事故防止を図るため、11月1目から10目までの聞、別紙実施要領のとおり
「踏切事故防止キャンペーン」を展開することとしておりますので、貴団体におかれましても、
本キャンペーンの主旨をご理解いただき、ポスターの掲示を行っていただくとともに貴会会員に対しまして、
踏切事故の防止に万全を期すよう周知方よろしくお願いいたします。

平成27年度踏切事故防止キャンペーン実施概要
(ファイルサイズ 404KB)

貸切バス事業者安全性評価認定制度取消条件の見直しについて(日本バス協会)

貸切バス事業者安全性評価認定制度につきまして、
取消条件の見直しを行い降格制度を導入いたしました。
つきましては、下記内容及び添付ファイルをご確認いただき
詳細につきましては評価認定制度の特設サイトにてご確認ください。
http://www.bus.or.jp/safety/pdf/registration_torikeshi_20151006.pdf
(日本バス協会のホームページです)

事業用自動車の安全確保の徹底について(国土交通省)

国土交通省自動車局安全政策課長から別紙のとおり通知がございました。
本年秋の全国交通安全運動期間中(9月21日~30日)に、
事業用自動車に起因すると思われる重大事故が8件(そのうち乗合バスが5件)
発生したことから、安全確保を徹底するようにとのことです。

バス協会だよりvol.170平成27年10月1日号の掲載について

標記を掲載いたしましたので、ご確認ください。

平成27年度『バスの環境対策強化期間』の実施について(日本バス協会)

本年も10~11月における『バスの環境対策を強化する月間』を
実施いたしますので、会員事業者様につきましては、諸活動が積極的に行われるよう
よろしくお願いいたします。

また、昨年に引き続き各社における「CO2削減に向けた取り組み」の事例を募集し、
応募作品については日本バス協会ホームページに掲載いたします。
応募を希望される会員事業者様は平成28年1月22日(金)までに広島県バス協会宛に
電子データでご提出ください。
募集要領をご参照のうえ、積極的な応募をお待ちしております。

ドライブレコーダー等の情報提供に関する協定に基づく情報提供について(広島県バス協会)

広島県警察より標記協定に基づく情報提供の依頼がありましたので、
別添の「情報提供依頼書」に該当する事実がある場合は、速やかに連絡先まで情報
提供をお願いいたします。

「参考」
本協定は、広島県警と広島県バス協会の間で、ドライブレコーダーの記録や目
撃情報等の情報提供に関する情報網を構築し、交通事故・各種犯罪の発生に
あたり、同情報網を通じて必要な情報を提供・活用することにより、
事案の早期検挙・解決を図り、安全で安心な広島県の実現に資することを目的として、
平成25年11月11日に締結したものです。

【再UP】教育委員会等への貸切バスの新運賃制度の周知について(広島県バス協会)

標記につきまして、平成27年8月11日に広島運輸支局と連携して要請活動を行いましたのでその概要を報告します。
今後の対応としては、新制度が守られていないケースがあれば、個々の情報について教育委員会等の協力を得ながら
事実関係を把握できる環境を作って行ければと思っています。
会員各位におかれましては、学校関係の運送契約では今まで以上に運賃の適正収受についてご配慮頂きますよう、
ご理解とご協力をお願いいたします

適正なボルト、ナットの使用を徹底し、脱輪事故防止に努めましょう(日本バス協会)

平成27年5月5日、青森県内の有料道路のトンネル内において発生した大型路線バスの
右後輪タイヤ脱落事故について、タイヤ及びホイールの脱落は、アルミホイール付きの冬タイヤ
からスチールホイール付きの夏タイヤに交換した際、アルミホイール用(スチール用より長い)
ハブボルトをそのまま使用したことで、ホイールをインナーナットで十分に締め付けできなかっ
たことに起因する疲労破損による旨の情報がありました。
同種事故防止のため、タイヤ交換時はおいては、適正なホイールボルト・ナットの使用を徹底 しましょう。

携帯電話の不適切な使用事案について (日本バス協会)

お世話になっております。
今般(7月29日)高速バスにおいて運転者が走行中に
携帯電話の操作を行う事案が発生しました。
このことから、今後、同種事案が発生しないよう、
日本バス協会より、通知がございましたのでお知らせ致します。